レシピ作成者・執筆者一覧

旬美

旬美

「旬の食材は薬」といわれますが、家族の体調を見ながら旬の食材を使った食事作りを心がけています。

また、「自分のお医者さんは自分」と思い、「医食美同源」を目指しています。

食べ物は健康維持だけでなく、美しい肌の維持や精神の安定などにも関わっているので、奥が深い学問だと思います。

近頃は、キャベツやブロッコリーの芯でポタージュを作ったり、無農薬の野菜や果物が手に入ると、大根の皮やニンジンの皮でキンピラを作るなど、節約料理にもこっています。

その他にも、安心で安全な食材を得るために、ここ数年は家庭菜園で季節の野菜を育てています。

歳を重ねても若々しく元気でいたいと、バランスのとれた食事作りと、水泳を日課にしています。

よしりん

よしりん

中学生の頃から料理をする事に興味を持ち始めました。初めは味噌汁を作ることから学び親と一緒に台所に立ち目でみて覚えました。

頭で段取りや手順を考えながら何品も作っていきます。口にするものはなるべく安全、安心な食材がいいので栄養バランスなど考えながら料理をします。友達を呼んで大人数で食べたりしますが、美味しいと言ってもらえた時の喜びは何よりも励みになります。

同じ食材でも作る人によってメニュー等も豊富に作れるものです。無限のレシピがあり、調味料一つで味が変わったりするので常に料理の事を考え、テレビや本で見たものはすぐにメモをしたり勉強しています。将来レシピ帳を子供に渡せる日を夢みてレシピを増やしていきたいと思います。

海居斗

海居斗
子供の頃から料理が好きでした。

一番最初に作ったものは、料理と言えるものかわかりませんが、カシューナッツをバターで炒めた簡単なものでした。

今でもおつまみで作りますが、美味しいです。

私の母はシングルマザーで家事に、育児に、仕事に、とても忙しい人でした。忙しい合間を縫っては子供の私に美味しい料理を作ってくれたことを憶えています。

中学生くらいになると、そんな忙しい母の手助けになればと料理を手伝ったり、自分1人で作ったりすることが増えていきました。

料理を好きになるきっかけだったのかもしれません。そんな料理が好きだった私には、フィットネスはちょうど良い趣味でした。

大人になるにつれ、自分の体のために健康的な食事を自分で作るようになっていきました。

母も高齢になって介護が必要になり、私の日常も激変しましたが、少しでも母に健康的な料理を作ろうと心掛けてきました。

もしかしたら、料理が私達親子を繋げていたのかもしれません。生きていくために、食事は欠かせません。

どうせなら、健康的で美味しいものを食べたいですよね。自分で作ればお財布にも優しいです。ご紹介するレシピが少しでも皆さんの食卓に彩りを添えられたら嬉しいです。