鮭缶(鮭水煮缶)を使った人気簡単レシピ。美味しく手軽に魚を摂ろう!

サケの水煮缶と白菜のスープ

サケの水煮缶のポテトサラダ

サケには、高い抗酸化力を持つアスタキサンチンが多く含まれています。

缶詰でも成分は摂取できるので、工夫して献立に取り入れましょう。 

サケの水煮缶のポテトサラダの作り方

材料(2人分)

サケの水煮缶2分の1缶、じゃが芋1個、マヨネーズスプーン大さじ1杯、塩コショウ少々。
サケの水煮缶のポテトサラダの作り方1

作り方

1.サケの水煮缶2分の1缶はほぐして汁気をきっておきます。(汁はスープなどに利用する)

2.じゃが芋は1㎝角ぐらいに切り、電子レンジで加熱しておきます。
サケの水煮缶のポテトサラダの作り方2

3.サケの水煮缶、ポテト、マヨネーズスプーン大さじ1杯、塩コショウ少々を混ぜます。
サケの水煮缶のポテトサラダの作り方3

アスタキサンチンは美容液などにも使われていますが、食べることでも美しいお肌を手に入れることができます。

レシピ作成者:旬美

サケの水煮缶と白菜のスープ

サケに含まれているDHAやEPAは、生活習慣病の予防や老化防止に効果があります。

手軽な缶詰を常備しておくと、もう一品何か欲しいときに便利です。

サケの水煮缶と白菜のスープの作り方

材料(2人分)

サケの水煮缶1缶、白菜2~3枚、水カップ1杯、塩コショウ少々
サケの水煮缶と白菜のスープの作り方1

作り方

1.サケの水煮缶2分の1缶は、ほぐしておきます。

2.白菜は食べやすい大きさに切ります。
サケの水煮缶と白菜のスープの作り方2

3.サケの水煮缶1缶、白菜2~3枚、水カップ1杯を鍋で煮ます。

塩コショウ少々で味を調えます。
サケの水煮缶と白菜のスープの作り方3

サケも白菜もビタミン類を多く含む美容食材ですが、サケの中骨入りの缶詰を使うと、カルシウムもたっぷり摂れます。

夏の体は意外と冷えているので、温かいスープを摂って冷えを解消しましょう。

レシピ作成者:旬美

DHA・EPAを丸ごと摂取!鮭の水煮缶で作る簡単ちゃんちゃん焼き

材料

鮭の水煮缶:1缶、キャベツ:4分の1玉、人参:4分の1本、味噌:大さじ1杯、砂糖:大さじ1杯、みりん:大さじ1杯、ごま油:適宜、ゴマ:適宜

鮭の水煮缶で作る簡単ちゃんちゃん焼きについて

魚のDHA・EPAはぜひ摂りたい栄養素ですよね。血管や血液に良い効果をもたらすことが知られています。

お刺身で食べるのが最もDHA・EPAを摂取できる調理法ですが、毎日お刺身を食べることはできませんし、経済的ではありません。

そこでお手軽にDHA・EPAを摂取できる方法が缶詰です。魚の缶詰は安価で一年中あります。

今回は鮭の中骨水煮缶を使ったちゃんちゃん焼きのご紹介です。缶詰の中の汁も使って丸ごと摂取してください。

作り方

1.野菜を切ります

キャベツはざく切りに、人参は薄切りにします。キャベツが沢山入っていると美味しいです。キャベツから沢山の甘みが出ます。
DHA・EPAを丸ごと摂取!鮭の水煮缶で作る簡単ちゃんちゃん焼き1

DHA・EPAを丸ごと摂取!鮭の水煮缶で作る簡単ちゃんちゃん焼き2

2.フライパンに鮭缶と切った野菜を入れて火にかけます

缶詰の汁も残らず入れてください。蓋をして中火で約5分蒸し焼きにします。
DHA・EPAを丸ごと摂取!鮭の水煮缶で作る簡単ちゃんちゃん焼き3

3.味付けをします

味噌、砂糖、みりんで味付けします。味付けしたらフライパンの蓋はとって少し焼きます。水分が軽く飛んだら完成です。

※鮭の中骨水煮缶の種類によっては水煮の塩分が強い場合があります。一度缶詰を開けてから確認してください。塩分が強い場合、味噌の量で調節してください。

4.盛り付けて完成

最後にほんの少しごま油とゴマをかけて完成です。
DHA・EPAを丸ごと摂取!鮭の水煮缶で作る簡単ちゃんちゃん焼き4

レシピ作成者:海居斗

よろしければこちらのページも関連した内容を書かせていただいておりますので参考にしてみてください。

魚肉ソーセージのトマトカップ DHA・EPAを多く含む食品・食べ物と効果。簡単なDHA・EPAレシピ(料理・食事)の紹介とDHA・EPAサプリとの摂取効率の比較まで。